はじめて就職活動を始めた時のエピソード

はじめて就職活動を始めた時のエピソード

去年、保育系の短大から保育園に就職する為、就職活動を始めました

去年、保育系の短大から保育園に就職する為、就職活動を始めました。

大体の人は、短大に来る募集を見て、就職支援科から申し込みや就職試験などを受けます。私も地元に近い所から絞って活動していましたが、なにせ私の地元は田舎なので、保育園が少ないのです。
実習でお世話になった保育園や、ボランティアで行った園は今年は採らないらしく、就職先は結構絞られていました。

他の友達がぞくぞくと内定を貰っていく中、夏休みを迎え私は一人焦っていました。
結局、家から自転車で20分くらいの保育園に、試験を受けに行くことにしました。
その保育園は、私は全く聞いたことがないし見たこともないし、行った事もないので、とりあえず見学に行くことにしました。
初めての園への電話も緊張しましたが、アットホームな感じの園長先生だったので一安心、とりあえず時間を決めて見学に行きました。
見学は勿論スーツで。自転車で行ける距離でしたが、初めて行くので駐輪場の有無も分からず、電車で行くことにしました。

見学では、園長先生が優しく出迎えてくれた隣で、主任らしき先生が強面で待っていました。
私はひるまず挨拶し、案内してもらいました。
各教室を見て回り、最後に履歴書やら色んな書類を提出して帰りました。
次の日からは、面接の練習や就職試験の勉強、ピアノの練習をしました。
そして試験2週間前、2、3回面接の練習をしてもらって試験に行きました。
結果、内定を頂きました。

保育の就職は落ちる人は落ちますが、大体は一発内定の人が多いので、まあ、こんなもんかと思いました。

しかし、あまり就職活動に苦労していない分、達成感がありませんでした。

ピックアップ



Copyright(c) 2017 はじめて就職活動を始めた時のエピソード All Rights Reserved.