はじめて就職活動を始めた時のエピソード

はじめて就職活動を始めた時のエピソード

初めて就職活動をしたのは、学生の時です

初めて就職活動をしたのは、学生の時です。
大学で説明会などが始まり、4月ぐらいから徐々に企業に応募しだしました。

すぐに内定がもらえるとは思っていなかったので、最初の方はリハーサル気分で受けていたのを覚えています。言葉遣いなどで、まだまだ学生っぽさが残っていたようで、面接の場で怒られたこともあります。怒られた時はショックでしたが、そのお陰で気を引き締めて、その後の活動ができるようになり、なんとか内定をもらえました。

一旦就職した後、転職をすることがありました。
初めて転職による就職活動をする時、どのようにして情報を集めたらいいのか分からなくて困ったことがあります。学生時代のように、大学が色々面倒を見てくれるわけではありません。そのうち、情報誌であったり、インターネット上に情報があることが分かり、自分で希望する会社を見つけ出すことが出来ました。

新卒の時はなんとなく就職しましたが、転職の時はきちんと目的を持って再就職できたと思います。就職活動をする時に大事だと思ったのは、知り合いからの情報です。
自分一人だと情報も少ないのですが、知り合いから情報を提供してもらうことで活動しやすくなることがあります。転職の時も、活動中に知り合いができて、その人と情報交換をすることで活動がうまくいくことがありました。

ピックアップ



Copyright(c) 2017 はじめて就職活動を始めた時のエピソード All Rights Reserved.