はじめて就職活動を始めた時のエピソード

はじめて就職活動を始めた時のエピソード

大学4回生の時に、初めて就職活動を始めました

大学4回生の時に、初めて就職活動を始めました。
何も分からず、何が正解なのかも分からず不安だった気持ちを覚えています。どのように就職活動をすればいいのか、教えてくれる人もいませんでしたし、どのように進めていけばいいのか分かりませんでした。

今思えば、経験者である先輩たちにアドバイスをもらえばよかったと思っています。私の就職活動は、中途半端なものだったのです。
周りの友人も同じように就職活動を始めていましたが、早くから内定をもらっている友人や、ギリギリまで内定をもらえていない友人など様々でした。

就職してみて知ることもたくさんありましたが、やはり学生の頃から情報収集するということが大切なのだと実感しています。周りがどんどん先に進んでいる状況に焦りを感じながら就職活動をしていました。

自分がどのような仕事をしたいのか、どのような会社に勤めたいのか真剣に考えていたようで、現実味がなかったのだと思います。


Copyright(c) 2017 はじめて就職活動を始めた時のエピソード All Rights Reserved.