はじめて就職活動を始めた時のエピソード

はじめて就職活動を始めた時のエピソード

初めて就職活動を始めた時

初めて就職活動を始めた時、私は大学の先輩に色々なアドバイスをいただきました。
全てのことが初めての経験だったので、何から手をつけていいのか分からず、とりあえず経験者である先輩にアドバイスをもらうことにしたのです。

私は外国語大学に通っていたので、就職先として色々なところを目指す仲間がいました。
私が所属していた部活の先輩には、キャビンアテンダントや商社などに就職していた先輩がいたので、色々なアドバイスをもらうことができたのです。

私自身、どのような会社に就職しようか悩んでいた時期でもありました。
そこで、どのように就職先を決めたのかということもアドバイスをもらいました。
私ひとりで悩んでいたら解決できなかったであろう問題が、たくさんありました。

しかし、大学の先輩に相談をしてアドバイスをもらうことで、少しずつ解決することができたのです。
部活を見に来た先輩たちに、部活が終わった後、就職活動の相談をしていました。
先輩たちも、後輩である私たちの就職活動を気にかけてくれたのです。

忙しい毎日の中で、相談できる時間をくれた先輩の気持ちやアドバイスに対して、今でも感謝しています。


Copyright(c) 2017 はじめて就職活動を始めた時のエピソード All Rights Reserved.