はじめて就職活動を始めた時のエピソード

はじめて就職活動を始めた時のエピソード

私が最初に就職活動をしたのは、大学生の時です

私が最初に就職活動をしたのは、大学生の時です。
学校内での就職説明会や企業が行っている説明会なども聞きにいきました。

情報も多く、大手企業だけでなく中小企業も数多く資料請求した覚えがあります。段々情報が溢れて、嫌気がさしてしまったのを覚えています。友達とも色んな情報交換をしましたが、結局はしんどくなって直感で決めて、就職面接をお願いしていたこともあります。本当に行きたい会社じゃなかったため、結局不採用。もしくは書類選考で落とされ続けました。

そんな中で、自分をもう一度見つめ直した経験があります。1番好きなものではなく、2番目に好きな内容を選んだ経験があります。2番目の趣味である福祉のボランティアの経験から、仕事に就くことを決めました。
ちなみに1番目の趣味は旅行でした。
なので、旅行会社を複数面接しましたが、結局は営業になると聞かされ、辞退したことを今でも覚えています。
今となっては、旅行会社が良かったのか、今の会社が良かったのかわかりません。仕事というのはしんどいことが多いですが、その中で充実した時間を過ごせることも事実かな、と感じています。

ピックアップ



Copyright(c) 2017 はじめて就職活動を始めた時のエピソード All Rights Reserved.