はじめて就職活動を始めた時のエピソード

はじめて就職活動を始めた時のエピソード

私は大学を卒業して、民間の企業に就職しました

私は大学を卒業して、民間の企業に就職しました。

大学4年が始まった頃から、就職活動を開始しました。
初めての経験で分からないことばかりでしたが、友人や先輩の話を参考にしながら活動を続けました。
数百社へアプローチをしたものの、一社も内定をもらうことはできずに、秋を迎えてしまいました。
いい加減、肉体的にも精神的にも疲れが溜まってきてしまい、もう諦めようかという気持ちも強くなってきてしまいました。

そんな時、大学の就職支援センターの近くを通ったので、藁にも縋る気持ちでそこに入ってみました。
当時、就職難の時代だったので、あまり良い就職先の斡旋をしてもらえないのが普通だったのですが、その時紹介してもらった就職先は、東証一部上場会社で安定性のあるところでした。
試しに就職試験を受けてみたのですが、とんとん拍子に試験は進み、最終面接までスムーズにいき、結局そこに就職することになりました。

かなり多忙な毎日を過ごしていますが、今の会社に就職することができてよかったと思います。就職活動は、運も必要だと感じました。

ピックアップ



Copyright(c) 2017 はじめて就職活動を始めた時のエピソード All Rights Reserved.