はじめて就職活動を始めた時のエピソード

はじめて就職活動を始めた時のエピソード

最初の就職の時は

最初の就職の時は、学校に来た求人の中から先生のアドバイスなどを受けながらの就職活動でした。
その会社を辞めた時に、初めて自分ひとりで就職活動を行ったのですが、もう20年も前の話なので、今の就職活動とはかなり違っていたと思います。
当時の就職活動は、ハローワークに通って探すといった方法が中心で、希望に合う求人を探すために、毎日のようにハローワークに通った記憶があります。求人情報誌を買って探すこともありましたが、住んでいるところが田舎だったせいか、掲載されている求人情報が少なかったり、毎週同じ企業の求人情報しか掲載されていないといったことがありました。

結局は、求人情報誌で見つけた会社に電話をかけて応募し、指定された日に履歴書を持って面接に行き、その後採用されたという感じです。

今なら、ネットで数多くの求人情報の中から、自分の希望の条件に当てはまる会社を簡単に見つけることが出来て、ネット上で応募が出来る会社も多いと思うので、あの頃今のようなシステムがあったら、もっと楽に就職活動が出来ていたと思います。


Copyright(c) 2017 はじめて就職活動を始めた時のエピソード All Rights Reserved.