はじめて就職活動を始めた時のエピソード

はじめて就職活動を始めた時のエピソード

私の大学四年生は、かなり忙しい一年でした

私の大学四年生は、かなり忙しい一年でした。
卒業もかかっていたため、単位取得にほぼ毎日大学に通い、週末はバイト三昧でした。
今思い出しても、若いからなんとか体力が続いたという気がしています。
そんな中、就職活動をする暇は、ほとんどありませんでした。
ちょうどバイト先でもそんな話が出て、良かったら正社員にならないかと誘われていました。
楽しい職場でしたので、それもいいかなと少し思い始めた頃でした。
友だちの勤めている会社の社長さんが、一人募集しているんだけど面接してみる?と、声を掛けてくれたのです。
全く考えていなかった分野でしたが、自分の得意分野を生かせる分野ではあったので、早速面接を受けることになりました。

そして、正社員にも関わらず、まるでバイトを決めるかのように即決。トントン拍子で就職が決まってしまいました。
バイト先にも正社員の打診をされていましたので、めでたく就職が決まりましたと報告をしました。

まだまだ就職難の続く時代、その上大卒女子は非常に厳しい就職環境ですが、私の場合ほとんど苦労もせずに就職が決まりました。
それよりも、無事卒業単位を貰えたことが一番ほっとしましたが。

ピックアップ



Copyright(c) 2017 はじめて就職活動を始めた時のエピソード All Rights Reserved.